トップ > > OLC千鳥物流センターの解体工事が始まる

OLC千鳥物流センターの解体工事が始まる

OLC千鳥物流センターの前を通ったら解体工事が始まっていました。

olc_chidori_butsuryu_center_001.jpg olc_chidori_butsuryu_center_002.jpgのサムネイル画像

千鳥物流センターは元々1990年にできた古河物流の物流センターだったもので2005年2月にオリエンタルランドへ売却されていました。ソースは1つのみですが、Logistics Todayがロジスティクスセンターとセントラルキッチンを移設することを2014年10月31日に報じています。

現在、物流施設群は両パークの間に挟まる形で敷地全体の東寄りを中心に展開しているが、今回の構想に合わせてロジスティクスセンターとセントラルキッチン、事務部門の一部機能を近隣所有地へ移転・拡充する。

オリエンタルランドでは9月16日に、日本ロジスティクスファンド投資法人が運営する近隣の物流施設「浦安千鳥物流センターII」に入居、6192平方メートルを利用している。

ロジスティクスセンターなど運営基盤強化に1000億円 OLCが投資構想、東京ディズニーリゾートの物流施設群拡大

解体工事が終わったらおそらくこれらをまかなう新施設が建設されて稼働後にはバックステージの施設がなくなりパークに使える土地のやりくりに使えるようになります。

浦安千鳥物流センターIIへの入居はおそらく千鳥物流センターの機能を一旦移して解体できるようにするためだったのではないでしょうか。

OLC移設施設地図

本社移転と合わせて関連施設の地図です。

関連リンク

関連する記事

toTop bottomMenu