トップ > > D23 Expo Japan 2015 東京ディズニーリゾート特別展示 体験備忘録

D23 Expo Japan 2015 東京ディズニーリゾート特別展示 体験備忘録

D23 Expo Japan 2015での東京ディズニーリゾート特別展示が素晴らしかったので、感想と備忘録を残します。

感想

D23 Expo 2013と2015(米国)でのウォルト・ディズニー・イマジニアリングブースを合わせたような展示で、「東京ディズニーリゾートにしかない東京ディズニーシーの展示」を「D23 Expo Japan」で見られたことに興奮しました。展示の内容だけでなく、短時間ではあるものの実演があり、塗装と衣装制作の様子を目の前で見ることができるというTDRとしてはとてもチャレンジングな試みでした。WDIとの分業や許諾の調整は大変だったのだろうと容易に予想できますが、OLCが担当して見せられるものをピックアップして見せてくれる機会を設けてくれたことに感謝したいです。まさか日本でこのような体験ができるとは...。D23 Expo 2013を訪れた際に現地で視察をしていたOLC役員・社員を見かけましたがそれを活かしていたと思いました。

図録の販売があれば...、というのが唯一残念な点ですが、ぜひ次回もしくは東京ディズニーシー15周年のコレクターズアイテムとして販売してほしいと思います。

各アートワークとその感想

葉ノ瀬( @N_Hanose )さんがほぼ完全な目録を作っているのと、コンフェティとウレぴあが大ボリュームの写真レポートを提供してくれています。大変ありがたいので一緒に読まれると厚い追体験ができると思います。

凡例

以下の番号は私が独自に採番したものです。左上から右下に採番しています。

  • ★初出と思われるもの(過去の書籍やウェブでも出ていないと思われるもの)
  • ☆Walt Disney Imagineeringの新版もしくは旧版に掲載されているもの

東京ディズニーシー15周年展示

15周年に関連した展示ゾーンです。クリスタルコンパスはフォトロケーションと連動するほか、ファンタズミック!とも連動します。連動の仕組みがマジカルドリームライトと同じかは不明なのでスタートしたら試したいところです。

なんだかんだいってキャラクターとグッズが人気の東京ディズニーリゾートでスペシャルイベント前にこういったものを見せてくれるのは東京らしく、D23 Expoらしく、楽しかったです。今回の日程で一番最初に見て、監修中のクリスタルコンパスに「こんなに見せてくれるんだ!」とテンションが上がったのを覚えています。

  • [01]クリスタルコンパス イメージ画★
  • [02]クリスタルコンパス 試作品(監修中)★
  • [03]ぬいぐるみ、ぬいぐるみバッジ★
    • ミッキーの衣装の帽子はぬいぐるみを見ると新しいタイプを発掘したなと感心、コンセプトアートよりもかわいい&かっこいいです。
  • [04]キャラクターごとのクリスタル設定画★
    • 表になる設定が日本っぽいなぁと思いました。
  • [05]ミッキーのクリスタル設定画★
  • [06]15周年ロゴ
  • [07]ロゴとキャラクターの組み合わせ
  • [08]映像
  • [09]メインアート?(帆船に乗ったミッキーたち)★
  • [10]アクアスフィア前フォトロケーション用帆船CADプリント★
  • [11]アクアスフィア前フォトロケーション用帆船模型★
    • 帆船のデザインが複雑で「これ作るの大変そうだな...」と。デザインはドラマティック・ディズニーシー+ミレニアム・カウントダウンパーティーといった感じ。
  • [12]クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー コンセプトアート(ジェラトーニ版)★
    • 既報のプレスリリースからマックスとジェラトーニが入れ替わってるもの
  • [13]ビッグバンドビート リニューアル コンセプトアート(デイジーのシーン)★
    • 衣装的にはラテンっぽさがある。BBBカウントダウンでやった曲あたりかなぁと予想。
  • [14]ビッグバンドビート リニューアル コンセプトアート(集合、映像内)★
  • [15]アウト・オブ・シャドウランド コンセプトアート

Concept Design(初期構想の東京ディズニーシー)

主に東京ディズニーシーで一番最初に目に入る景色が現在の形にまとまるまでに焦点を当てたゾーン。初期の灯台シンボルがフォートレス・エクスプロレーションとアクアスフィアになるまでが数枚の変遷が見られました。このゾーンはメディアでの掲載不可だったようでパネルは現地でしか見られませんでした。

個人的には模型とともに一番の見どころでした。あれほどのテーマパークがどうやって生まれたのかどんな変遷を辿ったのかのか、は形にならなかかったものも含めて興味深いです。開業時の形は完璧としか言えないのですが、灯台ももっともっと見てみたいのです。

  • [01]Tokyo Disney Sea全体マップ☆
    • 灯台シンボルでテーマポート構成も現在と違うもの。「まさかこれが見られるとは思わなかった!」と叫びかけました。
  • [02]パーク全景★
    • 01に近いものの、右奥があいまいで北極テーマポートはないように見える。いくつかの初期コンセプトアートや模型で見られるレイアウトを想像させる。
  • [03]要塞にある灯台(Tokyo Disney Seas)☆
    • 灯台シンボル。スイスファミリー・ツリーハウスのようなアトラクションも想定されていたのだろうか。
  • [04]要塞
    • 要塞から灯台がなくなってポートディスカバリーやミステリアスアイランドの施設のようにも見えるアート。どこかで見たことあるような気もするが思い出せない...。前回のD23 Expo Japanの展示で見られたもの。
  • [05]要塞★
    • イタリアやギリシャの神殿の雰囲気のある要塞。水路、橋、滝、と組み合わさって探索が楽しそう。
  • [06]フォートレス・エクスプロレーション
    • よく見るコンセプトアート。現在の形。

Final Design(開業予定の東京ディズニーシー)

  • [1]東京ディズニーシー全景
    • よく見るポストカードにもなっていたもの。
  • [2]ディズニーシー・アクアスフィア
    • よく見るポストカードにもなっていたもの。

東京ディズニーシー開発時模型

これまで書籍やウェブで見たものを総合して勝手な予想の元に分類すると、東京ディズニーシーのレイアウトは大まかに以下のように具体化していったと思われます。

  • ブルースカイ:Seven Seasで、灯台シンボルや北極など含む構成。
  • 初期:テーマポートが整理されたが灯台シンボルが残っている[2][3]の頃のもの。簡易模型あり。
  • 中期:ほぼ現在の形だがストームライダーなど大型アトラクションなどでも現在と違うものがある。☆に掲載。
  • 後期:ほぼ現在の形で一部レイアウトが異なる。今回展示された模型、中期のを改良?。
  • 最終:開業時の形。東京ディズニーシー5周年で展示された模型。

初期と中期の間は大きく差があり実際にはこの間こそ何度も何度も練り直しされたのでしょう。これらのうち、後期の模型と思われるものが展示されていました。

東京には最終形となる模型があるはずなので、それとは別に今回の展示でお目見えして大変貴重なものが見られました。
現在との違いとして、全体的に余裕があるように見えるので土地の使い方が少し違っていたのかもしれません。

  • ミラコスタ
    • 全体的に豪華、駅からの連絡通路の壁や屋根など
    • 車寄せに屋根が多い
    • 入口スロープに水が流れている
  • メディテレーニアンハーバー
    • リドアイルの形が違う
    • エントランスにキューポラがある
    • ザンビーニ裏に拡張スペースが容易されている(劇場?)
    • プロメテウス火山へ渡る橋の壁(水道橋)がない
  • アメリカンウォーターフロント
    • レールウェイの線路がコンセプトアート通りで環状線
    • タワー・オブ・テラーがDHS方式に見える
    • セイリングデイ・ブッフェがタワー・オブ・テラーと同じ様式(5周年まで拡張が最初から計画されていたという噂はだいたいその通りなのだなという印象)
    • ハリケーンポイント・ライトハウスが四角い灯台、高い
  • ポートディスカバリー
    • アクアトピアのレイアウトが違い(斜め)、ケープコッドから周る通路が多い
    • ショップらしきものが1つ多い
  • ロストリバーデルタ
    • 一部がミゲルズ・エルドラド・キャンティーナ周囲が奥まって船着き場が強調されている
  • マーメイドラグーン
    • ☆掲載のコンセプトアートのレイアウト。トリトンキャッスルの前に余裕があって水辺近くまで降りられる
    • アラビアンコーストへ渡る橋がもう一本ある
  • アラビアンコースト
    • 宮殿には橋のみで入れる、混雑時に人が詰まりそう
    • マーケットがなくほぼ全体が宮殿
    • 船が大きい、乗れる想定。
    • 砦のような建物※コンセプトアートと混同してたので削除しました
  • ミステリアスアイランド
    • マーメイドラグーンとの境にジャングルのゾーンがある
    • 門の上部が開けている(足場?のみ)、センター・オブ・ジ・アースのレイアウトが違ったのだろうか。

イマジニアビデオ

登場した人の名前で調べるといろいろ出てきますので興味を持った方は是非検索を。

メディテレーニアンハーバー

  • [01]フォートレス・エクスプロレーション★
    • ルネサンス号。現状と同じレイアウト
  • [02]ポルトパラディーゾ★
    • 現在のカフェ・ポルトフィーノからスチーマーライン乗り場にかけて描かれている。雰囲気だけで現在とは大幅に違う。初期に描かれたイメージかなという印象。
  • [03]パラッツォカナル
    • 現状とほぼ同じ。
  • [04]トロンプイユ(ミラコスタ)
  • [05]トロンプイユ(ショップ上部)
  • [06]ミラコスタ天井画
    • 原画の複製か。ポートディスカバリーとマーメイドラグーン。
  • [06]フォートレス・エクスプロレーション カラーボード
    • カラー指定。好きな人にはたまらない。

アメリカンウォーターフロント

  • [01]ケープコッド水彩画
    • 建物一部を除きほぼ現在の形
  • [02]エレクトリック・レールウェイ カラーボード★
    • カラー指定。色をメモっておけばよかった。
  • [03]S.S.コロンビア号
    • よく見るポストカードにもなっていたもの。
  • [04]アメリカンウォーターフロント街並み
    • よく見るポストカードにもなっていたもの。エレクトリック・レールウェイがティンパン・アレー側へも周るもの。
  • [05]壁画サンプル★
    • 洋品店とUSスチームシップカンパニーの壁画(ニューヨーク・デリの上)

ポートディスカバリー

  • [01]サンフィッシュサブ(マンボウの潜水艦)模型
  • [02]潜水艦レース★
    • シアタータイプのアトラクションで、前方の窓の外に、水生生物の形のメカニカルな乗り物が多数、奥にはゴールラインらしきものが見える。
    • 明らかに水中を行く潜水艦レースでスクリーンを見てるのでもしかしたらストーム消滅ミッションというものが初期にはなかったのかもしれない。
    • もしくはレースに飛び入り参加的な?シナリオだったのかも。
  • [03]ストームライダー機体デザインスケッチ★
    • 真横から見たもので、現在よりも虫っぽい印象。
  • [04]ストームライダー コンセプトアート★
    • ストームにストームディヒューザーを射出する様子。03のデザインを踏襲。
  • [05]アクアトピア コンセプトアート☆
    • ほぼ現在の形。フォトスポットあたりからの画角。
  • [05]アクアトピア 模型
    • ライドの模型。

Thechunical Drawing(図面)

ライドなどの図面(一部内部構造などもわかる)。多数あったので書ききれなかった。目の保養。

マーメイドラグーン

  • [01]マーメイドラグーン・シアターのセバスチャンのパペット
    • 固定器具はなし。Michael Curry制作なので興味ある方は調べると面白いですよ。
  • [02]マーメイドラグーン鳥瞰図☆
    • 展示された模型と対応したコンセプトアート。城の前が広く水辺近くまで降りられる。
  • [03]マーメイドラグーン キングトリトン・キャッスル1/50模型★
    • ライティングもされていてきれいでした。
  • [04]アリエルのプレイグラウンド プロップスデザイン画

アラビアンコースト

  • [01]シンドバッド・セブン・ヴォヤッジ コンセプトアート★
    • リニューアル前(だと思う)。冒頭かフィナーレあたりの街の様子。
  • [02]シンドバッド・セブン・ヴォヤッジ コンセプトアート
    • リニューアル前。くじら島。
  • [03]アラビアンコースト鳥瞰図★
    • シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジからカスバフードコートあたり。宮殿ばかりでバザールがない。模型とほぼ同時期のものか。船着き場あたりに砦のような建物がある。
  • [04]キャラバンカルーセル 模型
    • ライド模型
  • [05]キャラバンカルーセル コンセプトアート
    • よく見るもの。現在の形。

テーマポートの植栽(Theme Port Landscaping)

エリアのテーマに沿った植物が植えてあるという展示。パネルだけでなく実物も展示してあってうれしい。花と緑のツアーをまたお願いします!

  • アメリカンウォーターフロント
    • オオシマサクラ
    • ツタンカーメンエンドウマメ
    • ディズニーランドローズ
  • マーメイドラグーン(見た目が海藻っぽいもの)
    • ミルクブッシュ
    • ユーフォルビア
    • サンスベリア
    • セダム
  • メディテレーニアンハーバー
    • ロングランチューリップ
    • ヒマワリ マンチキン
    • カレープラント
  • ポートディスカバリー
    • ミッキーマウスツリー
    • ギョリュウバイ
  • アラビアンコースト
    • ブラシの木
    • デザートピー
  • ロストリバーデルタ
    • ミラクルフルーツ
    • トケイソウ
    • コウモリラン

ロストリバーデルタ

  • [01]ロストリバーデルタ ドック★
    • ミゲルズあたりだが今よりも船着き場のイメージが強い。ジャングルクルーズのようなボートでお茶を飲んでいる。水上カフェ的なものも考えていたのかも。
  • [02]ロストリバーデルタ
    • 飛行機(C-3PO)。ポストカードになったもの。
  • [03]Cantina Facility Rainforest Outftters カラー指定★「
    • ロストリバー・アウトフィッターの初期か。塗装の指示。
  • [04]ロストリバーデルタ鳥瞰図★
    • 密林の奥の遺跡が描かれている。インディの屋外キューラインがこれだったら楽しかっただろうと思う。
  • [05]インディ・ジョーンズ・アドベンチャー
    • よく見るコンセプトアート
  • [06]遺跡のサンプルボード★
    • インディの遺跡内用のものと思われる。

ミステリアスアイランド

    • [01]センター・オブ・ジ・アース シーン10 怪物の攻撃
      • ラーバモンスターと退治するところ。今より虫っぽい。
    • [02]Captain Nemo's Cafe Preliminary Concept★
      • 窓の外にはクラゲがいるので海中レストラン。デザインがある程度生きて地中のヴォルケイニア・レストランとなったのかもしれない。もしかしたらノーチラスギャレーがこれだったのかも。
    • [03]ミステリアスアイランド全景
      • よく見るポストカードにもなったもの。
    • [04]センター・オブ・ジ・アース
      • ポスターになっているコンセプトアート。
    • [05]Disney's Discovery Bay TDL II

    • ディスカバリーベイと呼んでいるかなり初期と思われるコンセプトスケッチ、それでも今の要素がほとんど入っている。
  • [06]海底二万マイル
    • 海中を進むノーチラス号と海底遺跡を歩く潜水服を来た隊員。
  • [07]海底二万マイル
    • キューラインなどにあるスケッチなど。
  • [08]海底二万マイル★
    • 海底遺跡のスケッチ。クジラ(イルカ?)なども。
  • [09]ラーバモンスター スケッチ
    • ラーバモンスターのデザインスケッチ。正面と横から。
  • [10]トライペダルビートル スケッチ★
    • トライペダルビートル(序盤のコオロギみたいなやつ)のスケッチ。
  • [11]地底走行車 模型
    • 地底走行車の模型。

塗装とサンプルボード展示

各エリアで仕上げの参考となるボード、それに使うための塗料や仕事用具の展示。木に見てる部分なども含めすべてセメント(FRP?)だったりします。擬岩、擬木、ロックワーク(Rock work)、Finish、などで探すとこういった仕事が見つかります。
プロメテウス火山のメンテナンスの参考用に模型も見られました。

このブースで塗装の仕上げの実演を行っていたらしいです(私は実際には見られませんでした)。

エンターテイメントの衣装、メイク

衣装からは衣装デザイン画、生地、生地やボタンの見本、裁縫用具が展示。デザイン画はレジェンド・オブ・ミシカとミスティックリズム。レジェンド・オブ・ミシカはのサインはLynnne Ford氏、ミスティックリズムはサインなしでしたがTEAの衣装デザインのクレジットから考えるとShigeru Yaji氏作のものではないでしょうか。
こちらのブースでも衣装制作の実演を行っていました。私は帽子の制作の様子を少し見ることができました。

衣装は、

  • ミスティック・リズム
  • スタイル!
  • ウィッシュ
  • レジェンド・オブ・ミシカ
  • イースター・イン・ニューヨーク
  • ポルトパラディーゾ・ウォーターカーニバル

が動画とともに展示されていました。

メイクからはメイク台、メイク指示、メイク道具が展示されていました。

関連書籍

展示ではとくに目録の販売などはありませんでした。一部のコンセプトアートや模型は洋書「Walt Disney Imagineering: A Behind the Dreams Look At Making the Magic Real」に掲載されています。洋書ですがWDIの仕事に興味がある方は是非。全編英語ですが数多く掲載されているので画集としてでも楽しめます。

Walt Disney Imagineering

Walt Disney Imagineering: A Behind the Dreams Look At Making the Magic Real

こちらは2010年に出版された新版です。東京ディズニーシーについていくつか掲載されています。

Walt Disney Imagineering: A Behind the Dreams Look at Making the Magic Real

Walt Disney Imagineering: A Behind the Dreams Look at Making the Magic Real

こちらは1996年に出版された版です。ペーパーブック版が出ていますがペーパーブック版は購入していないので内容がわかりません。コンセプトアート目的ならハードカバー版を探す方が安全かと思います。東京ディズニーシーについては中期の模型の全体図など数枚掲載されています。

Tales from the Laughing Place Magazine - Issue #7 (Summer 2006) - Disney Shopping at The Laughing Place Store

レジェンド・オブ・ミシカの衣装デザイン画は数点が「Tales from the Laughing Place Magazine」の7号で見られます。Laughing Place.comの発行する同人誌です。敷居は高いと思いますが興味がある方はレビューなどを読んで興味を持ったら通販で手に入れてみるといいと思います。

関連する記事

toTop bottomMenu