logo


はじめに | 凡例

powered by Google

過去のニュース :

2004年10月
Older...

東京ディズニーランド :

アトラクション
エンターテイメント
レストラン・食事
ショップ・商品
CD・音楽・CCCD
その他

東京ディズニーシー :

アトラクション
エンターテイメント
レストラン・食事
ショップ・商品
CD・音楽・CCCD
その他

周辺知識 :

キャスト・人物
ホテル
イクスピアリ
その他
書籍 1
書籍 2
書籍 3
ディズニーリゾート物語
CD・音楽
DVD・映画
長編アニメーション
ウェブサイト・リンク
雑記・コラム

リンク・巡回先 :

東京ディズニーリゾート
ディズニー
アンバサダーホテル

東京ディズニーシー
ホテルミラコスタ

イクスピアリ
オリエンタルランド
キャスティングライン
dpost.jp
dstyle
浦安シティーコム
Risuney
TDR三昧
あ、舞浜行こう
Hikgateway.net
Disney.co.jp
Disney.go.gom
2ch/遊園地板

サンルートプラザ東京
シェラトントーキョーベイ
ヒルトン東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ
東京ベイホテル東急
浦安ブライトンホテル
新浦安オリエンタルホテル
京成ホテルミラマーレ
ホテルスプリングス幕張
ホテルニューオータニ幕張
東京ベイ有明
  ワシントンホテル

グランパシフィックメリディアン
ホテル日航東京
第一ホテル両国
東京マリオット錦糸町東武
ホテルイースト21東京
新高輪プリンスホテル
ホテルパシフィック東京
赤坂エクセルホテル東急
京王プラザホテル
ホテルメトロポリタンエドモント
ホテルグランドパレス
八重洲富士屋ホテル
ドリームゲート舞浜
パーム&ファウンテン
テラスホテル


© 2003, 2004 maihamako


ホーム > その他 テーマランド | 建物とか | その他
▼ 東京ディズニーランド・パークのいろんなこと
others 
 
 抜けているものもそのうち取り上げます。
▼ テーマランド []
other ワールドバザール
photo
パーク: TDL
アトラクション: 3
レストラン: 21
ショップ: 7
 東京ディズニーランド・パークで一番最初に通過します。20世紀初頭の古き良きアメリカの街並、ウォルトが幼少の頃を過ごしたミズーリ州マーセリーンを再現したテーマランドです。カリフォルニア・フロリダ・パリでは"Main Street, U.S.A."に当たります。東京の特徴として、雨が多い日本に合わせ巨大な屋根"All Weather Canopy"が掛けられ、降雨時に多くのゲストを収容します。17,000平方メートルもの中にショップとレストランが集まるパーク内最大のマーケット。閉園間際に大混雑します、お土産は早い時間に買ってしまいましょう。
【関連】トンネル効果
other アドベンチャーランド
photo
パーク: TDL
アトラクション: 5
レストラン: 12
ショップ: 10
 ジャングルの奥、冒険とロマンのテーマランド。明示的に分かれてはいませんが、カリブの海賊やカフェ・オーリンズのあるエリアとジャングルクルーズや魅惑のチキルームのあるエリアで大きく雰囲気が異なります。前者はアメリカ南部のニュー・オーリンズをテーマとし、カリフォルニアでは"New Orleans Square"というテーマランドで明確に分けられています。後者は南米や南洋諸島など熱帯地方を思い起こさせます。昼は家族連れが多いところですが、夜になると照明も落とされ、非常にいい雰囲気になる場所です。
other ウエスタンランド
photo
パーク: TDL
アトラクション: 6
レストラン: 8
ショップ: 5
 19世紀のアメリカ、西部開拓時代をテーマとしたテーマランド。スラリーコートは赤土をイメージした赤茶色。岩山にサボテン、建物には"aging"(:エイジング)が施され、その広さも手伝って、風景、雰囲気的にはアドベンチャーランドと並んで最も現実を忘れ去ることのできるテーマショーを提供できているテーマランドと言えるでしょう。施設もアトラクション、レストラン、ショップがバランスよく配置され、導線の絶妙さは東京ディズニーリゾート随一と思います。今後の可能性としては、中小規模のアトラクション(大きいのは土地がないので無理)、アメリカ河でのエンターテイメントプログラムなどが考えられそうです。
other クリッターカントリー
パーク: TDL
アトラクション: 2
レストラン: 2
ショップ: 2
 1992年に『スプラッシュマウンテン』と一緒にオープンした小動物たちの暮らす郷(くに)をテーマにしたテーマランド。アトラクション、レストランなどが一体となった完成度の高いです。ウサギやネズミなど小動物たちの住処だけあって隅から隅まで細かな作りこみがいっぱいのエリア。木の下、崖のふもと、目を凝らして探すと彼らの足跡や家の玄関が見つけられます。"critter"は動物のこと。
other ファンタジーランド
パーク: TDL
アトラクション: 11
レストラン: 5
ショップ: 9
 夢と童話、ディズニーアニメーションの世界を現実化したテーマランド、最もディズニーの要素が詰まっているテーマランドです。シンデレラ城もここに含まれます。時代背景や舞台の異なるアトラクションが一緒になっていますが、基本的には中世ヨーロッパの雰囲気で統一が図られています。昼は家族連れでパーク内でも混雑するエリアです。私は夜のファンタジーランドがなぜか寂しくて泣きそうになる時があります、愉しかった一日のおしまいと関連付けられているからかな…。
other トゥーンタウン
パーク: TDL
アトラクション: 9
レストラン: 7
ショップ: 2
スポンサー: 講談社
 ミッキーと仲間たちが住む街。アニメーションのキャラクターたちがカラフルで自由な線の家で暮しています。ゲートをくぐって右手にはキャラクターたちのベッドタウンが、左手にはダウンタウンが広がります。基本的には子供がメインのテーマランドで、アトラクションやレストランの数もこの数字ほどではないです。トゥーンタウン全部で一つと考えた方がいいかもしれません。オリジナルは1988年公開の映画『ロジャー・ラビット』、となるとゲストが足を踏み入れない違う番地にはバックス・バニーやロードランナーが住んでいるのかも、かも。
other トゥモローランド
photo
パーク: TDL
アトラクション: 6
レストラン: 6
ショップ: 5
 宇宙と未来の世界をテーマにしたテーマランド、東京ディズニーランド・パーク最大の広さを誇ります。現実世界が実際に発展して追いついてきたことで少し現実世界に近くなり過ぎてきました。そろそろカリフォルニアやパリのように空想的な未来の世界に改装されるかもしれません。20年のなかで一番変化の激しいテーマランドで最近も『ビジョナリアム』『ミート・ザ・ワールド』『プラネットM』がクローズし、『バズ・ライトイヤーのアストロブラスター』ができるまでは暫く閑散としたゆったりエリアになりそうです。幻想的な雰囲気の夜に歩くことをお勧めします。
▼ 建物とか
other パートナーズ像
photo
写真: ワールドバザール
 東京ディズニーランド開園15周年を記念してウォルト・ディズニー・カンパニーから贈られたブロンズ像。ウォルトとミッキーが共に歩む姿。セントラルプラザに置かれている。普通の人には大した光景ではないですが、ディズニー好きにはまさに神像に近いものがあります。
other ミッキー花壇
photo
写真: メインエントランス
  東京ディズニーランド・パークのメインゲートをくぐるとすぐにある花壇。ミッキーマウスの顔が花で形作られています。ほとんどの方にとってランドのシンボルはシンデレラ城かと思いますが、こちらのミッキー花壇だという方も多いのではないでしょうか。スペシャルイベント時にはフォトロケーションに差し替えられている場合があります。
other キャッスルフォアコートステージ
photo
写真: キャッスルフォアコートステージ
 キャッスルショー開催時にシンデレラ城前に設けられる特設ステージ。公演されるプログラムに合わせて舞台が組まれます。太古の昔はイス席、その後イス席がなくなり、最近再びイス席が復活しました。管理は非常に大変だと思いますが、私達ゲストにとっては快適で明確なのは気持ちいい。20周年に合わせて改修されてキレイに、また、キャパシティも上がっています。
【関連】抽選制度
other シンデレラ城
photo
写真: シンデレラ城
 フロリダの"Magic Kingdom"のシンデレラ城をモデルに創られた東京ディズニーランド・パークのシンボル。映画のクレジットでも見られるのようにディズニーのシンボルにもなってきています。白・青の配色と造型は本当に美しい。内部にアトラクション・シンデレラ城ミステリーツアー、ショップ・ガラスの靴を有します、高さは約51m。何気に撮ったら不思議な雰囲気の写真になりました。
others ファンタジア像
photo
写真: ファンタジア像
 東京ディズニーランド・パークの開園20周年を記念してウォルト・ディズニー・カンパニーより贈られたブロンズ像。シンデレラ城の裏側(ファンタジーランド側)に設置されています。絶好のフォトスポットの1つ。ちなみに開園15周年時にはパートナーズ像、500万人のゲスト入場記念(1983年9月5日)に「シンデレラの泉」などが贈られています。
【関連】 パートナーズ像 | シンデレラの泉
other Legendaly Creations
photo
写真: トイキングダムの2階メインストリート側
トイキングダムの2階にオフィスのある会社、といっても実際の店舗でなくてワールドバザールの装飾として。東京ディズニーランドの父として、高橋政知さんの名前が刻まれています。以前はアイスクリームコーンの2階でしたが移転したみたい。
other チケットブース
photo
写真: メインゲート
 パスポートを購入するための施設。閑散日はいいですが、混雑しているときは購入まで並ぶので極力事前に用意しましょう。今ではオンライン、ディズニーストアなどでも期日指定パスポートが購入できます。また、入場を待つ列(ゲート)とパスポートを買うための列(チケットブース)とを間違えると大変なことになるのでご注意を。チケットブースへの列部分は屋根の上部に数字が付いています、何かの目印に。
【参考】パスポート
other 東京ディズニーランドパーキング
photo
東京ディズニーリゾート
 普通車一日\2000なり。東京ディズニーランド・パークの屋外駐車場は非常に広大、パーク本体の半分より広いのです。敷地がの駐車場のブロックごとにディズニーキャラクターの名前+数字がついているので憶えておきましょう。これを忘れてしまうと帰りに車を探して彷徨うことになります(私は一時間近く車が見つけられなかったことがあります、)。また、たいていは早い時間ほどメインゲートに近いスペースに通されます。
other ソーラーシステム
photo
写真: トゥモローランド
 パン・ギャラクティック・ピザ・ポートの動力源、ピザを太陽エネルギーで焼き上げています。こういった演出を強固にするのにこんなものを造ってしまうのがパークの魅力の一つです。まあ、鉄筋コンクリートX階建ての活火山を造るくらいですから。何らかのアルゴリズムで動いていますし、パンギャラの店内からはこのソーラーシステムの様子がちゃんとモニターできます。
▼ その他
other パイロ
photo
写真: ブレイジングリズム
 特にステージショーで使用される小型の花火、コンサートなどでもお馴染みです。スペルは"piro"、語源はギリシア語の"pyr"で火を意味します。英語では他には放火魔なんて意味も…。『ファンタジーインザスカイ』などの打ち上げ花火とは異なり、パークでは高くとも50m程度までしか上がりません。様々な色を出すことができ、閃光を出したり、弾ける音を出したり、といった効果のあるパイロもあります。
other ディズニードローイングクラス
photo
パーク: TDL
東京ディズニーランド
*ディズニーギャラリー

2005年5月からスタートしたディズニーギャラリーの新サービス。インストラクターがディズニーキャラクターの描き方を教えてくれます。クラス参加費は500円(2005年6月現在)で、お土産に鉛筆と描いた絵を入れるファイルがもらえます。お得感あり。受付はディズニーギャラリー1階で行います。描くキャラクターは今のところ「正面から見たミッキーマウスの顔」のみですが、そのうち増えていくと思われます(次はやっぱりドナルド?)。一緒に参加した人と見せあいっこすると、みんなタッチの違うたくさんのミッキーが見られて楽しいですよ。

*右下のサインは「ミッキーの家とミートミッキー」でもらったものです(用紙には書いてありません)。

other サックスファイブ
photo
写真: ワールドバザール
 ワールドバザールで公演する五人組のサックス演奏です。五人が音程の異なる5つのサックスを奏で、演奏はもちろんですが隊列でも魅せてくれます。演奏曲はディズニーの曲に加え、ジャズのナンバーも聴かせます。たまに衣装を変えて他のテーマランドやショー、パレードにも現れることがあります。
【関連】サックス
other コンフェティ
photo
パーク: TDL
 "confetti"は紙吹雪のこと。パークではミッキー型のコンフェティが撒かれることがあります(四角やドナルド型もあります)。初めてコンフェティが撒かれたのは1999年の『カリエンテ!カリエンテ!』であったと思います。パレードルートに舞ったのを観たとき、「スゲ−ッ!」と感じたものですが、その後の『ワンス・アポン・ア・マウス』『サンタのワンダーランド・パレード』『Club Disney』『ディズニー・パーティーエクスプレス!』などなどでも使用され、今となっては定番になっています。
other コンフェティ拾い
photo
パーク: TDL
 コンフェティが撒かれるとその後に発生するイベントがコンフェティ拾い。「いらね−よ」と思うかもしれませんが、体感した後だとちょっとほしいかも、と思ったりしてしまうのが不思議。ミッキーイヤーを買ってしまうのと同じ気持ちです、ノリというか興奮状態というか、たぶん。たまーに空中でバラけずに固まりで落ちてることがあります。
【関連】コンフェティ
other キャラクター
photo
写真: メインエントランス
 パークでは長編アニメーションに登場したキャラクター達に会うことができます。ミッキーマウスやドナルドダックのほか、シンデレラやピーターパン、ちょっとマニアックですがロビンフットやキングルイ達にも。そのキャラクターがかかわる施設やテーマランドに出没します。その他、ゲートを入ってすぐの広場では開園から日没まで頻繁にグリーティングが行われています。
other ビッグ10
写真: 写真はそのうち
 東京ディズニーランドのグランドオープンから1992年3月で廃止となるまでに使われていたチケットブック。A〜Eまでのアトラクションチケットが計10枚と「ミート・ザ・ワールド特別ご優待」券、入場券がセットになっていました。

ミート・ザ・ワールドはアトラクションチケット制の時にもチケットなし・無料で入れるアトラクションでした。松下太っ腹。しかし、逆にゲストがアトラクションチケットを使うため他のアトラクションへ流れるので、特別ご優待という専用チケットを用意しました(もちろん、券なしでも体験できます)。

other クリスマスのデコレーション2
photo
写真: トゥモローランド
 宇宙と未来の国でもクリスマスのデコレーション。全般的には銀・金でたまに青。ここは直方体に刈り込んだトピアリーに銀色の花がついています。また、夜になるとシンプルな電飾が巻きつけ(?)られていてそれもいい。今のトゥモローランドは現実世界に非常に近いので、街のイルミネーションとどう差をつけようか、というのが感じられます。
other クリスマスのデコレーション 1
photo
写真: ウエスタンウェア
 クリスマス期間中はテーマランドに沿ったデコレーションが東京ディズニーランド・パークで彩られます。ツリーや星、金銀、色はクリスマスのトリコロール(赤緑白)というのもキレイですが、そんな中でも普通でないデコレーションが好きです。こちらはウエスタンランド、ウエスタンウェアのデコレーション。テンガロンハットにヒイラギを添えて飾ってあります、うーん、心にくい。
other クリスマスツリー
photo
写真: ワールドバザール
 東京ディズニーランド・パークのクリスマス恒例のワールドバザールの巨大なクリスマスツリー。シンデレラ城以上に写真スポットとなっています。装飾にもよりますが、基本的に360°どこから撮っても同じなので混み合う正面は避けて撮るのが賢いかと思われます。1998年冬より環境への考慮も含めて模木となっています。それまでは毎年、モミの木を切って舞浜まで運び込んでいました。写真は2001年のもの、たぶん。
other 三井住友銀行
パーク: TDL
ポート: ワールドバザール
三井住友銀行
 パーク内にある唯一の銀行、ATMのほか窓口もちゃんとあります。妙に混んでいる時があります。なるべく利用しなくてもいいよう、手持ちを考えてパークに行きましょう。まあ、OLCは三井系ですのでパークの銀行が20年の間で、三井銀行→太陽神戸三井銀行→さくら銀行→三井住友銀行と年月を重ねています。イクスピアリには千葉銀行と郵便局のATM、舞浜駅構内にも千葉銀行のATMがあります。
【関連】千葉銀行
other 画面
photo
写真: ショーベース
 ショーベースで『ワンス・アポン・ア・マウス』が公演されている間に取り付けられていた巨大液晶画面。ショー中はタイトルを見せる、イメージ映像を流す、日本語訳を出す、という使われ方をしています。開演前はただ観客席を映しているのですが、これがとてもいいのです。別に映っている方々がネタをやるわけでもないのですが(やることもある)、自分が映っていることに気付いていなかったり、気付いて驚いたり、それを見て会場が笑いに包まれる。ゲスト同士がお互いを認識して幸せになる最高の仕掛けだと思います。
other sense of humor
photo
写真: ワンマンズドリーム2
 ワンマン2をやっと観られました。で、気付いたのが撮影のシーンでのこの小道具。ドナルドの撮影をしているの横で衣装が用意されてるんですが、ワンスの衣装なんですね。こういうのをセンスと言うんでしょう。まあ、ファンしか反応しませんが…。
【関連】ワンス・アポン・ア・マウス|ワンマンズドリーム2
other トンネル効果
photo
写真: ワールドバザール
 東京以外のディズニーリゾートでパークを一周する鉄道。入園後の"Inner Lobby"から改めて、鉄道が走る土手のトンネルをくぐることで本格的にディズニーの世界へ足を踏み入れます。トンネルや穴には一種の儀式的な面があり、異境への入口を演出します。『不思議の国のアリス』や『千と千尋の神隠し』の導入部と同様のことを現実に作っているのです。鉄道がウエスタンランドにまとめられた東京では、一番ゲート寄りのアーチ(他の2つよりも低くなっている)がトンネルを意図して造られたと思われます。ところが、ワールドバザールの巨大な屋根がこれを担ったと共に、より大きな効果を上げることになりました。トンネルの長さによって、切替はゆるやかに進み、その間向こう側に明るい夢の世界が見えるのです。ワールドバザールから見えるシンデレラ城は太陽を浴び、額縁の中にあるようにも見えます。
【参考】雪国
other 抽選制度
photo
写真: 当選券
 トゥモローランドのミート・ザ・ワールド跡地を抽選会場にして、エンターテイメントプログラムの指定席を抽選で提供します、20周年より始まりました。SCSEの最重要を脅かすオープンダッシュ・徹夜・最前争いのエスカレートに対する改善策の一つです。抽選自体には賛否両論ありますが、オープンダッシュと徹夜の要因を減らしたことは素晴らしい。年パス売上減のリスクと、施設・人員・システムのコストを負担して取り組む姿勢に評価を。
other ガーガーガー
photo
写真: ワールドバザール
 パークの真の住人といえる彼らは鴨科鳥類。ポップコーン食べまくりで夏場は食料に困らない。彼らにとっては入場者数減=喰いっぱぐれ、鴨のためにも頑張れ東京ディズニーリゾート。
other ドラゴンボート
日本ドラゴンボート協会
舞浜河探険隊
 ドラゴンボートとは中国発祥のボート競技で、漕ぎ手20人、舵取り1人、太鼓手1人の22人乗りで行います。特徴として、レガッタでは漕ぎ手が進行方向に対して後向きに座りますが、ドラゴンボートでは漕ぎ手は前向きに座ります。また、漕ぎ手は左右両舷に分かれ、パドルも船に固定せずに手で持ちます。『ビーバー・ブラザーズのカヌー探検』のキャストによるチーム「舞浜河探検隊」は日本でも有数の強豪チームです。
other キャラクター・サイン
photo
写真: ワールドバザール
 キャラクターにはサインを頼むともらえます。グッズにはサイン帳もあるし、ディズニーファンでも紹介され、もうすっかりオフィシャルなもの、むしろ商品になりました。(常連でない)子供相手にきゃっきゃっとやってるには微笑ましいのですが、コレクション対象になってるのはもうなんだか。
other 迷子
photo
写真: ワールドバザール
 パーク内で迷子になると、まず周囲で連れ(親)を探して見つからないときには迷子センターで親の申告してくるを待ちます。迷子の本人には悪いけど、このエスコートは見ていてなんとも微笑ましい。
other パークとカリブとコパトーン
photo
コパトーン
 ついこの間初めて気が付いたサイン画、こんなのあったっけ?海賊と猫で向きも逆向き、元ネタからはずいぶん離れていますし、まったく関係ないのですが共有できてしまうのはなぜでしょう。イマジニアの画力か、コパトーンのブランド力か。今年('03)の夏はともかく、夏のパークに日焼け止めは必須です。
other 炎
photo
写真: パレードルート
 1998年にスターライトマジックでフレームキャノンが登場して以降、炎を使用した演出が発展してきました。カウントダウンパーティー'99でダンサーの手に松明が、ミレニアムカウントダウンパレードではフロートに装備、見スティック・リズム、ブレイジング・リズムで音楽に合わせて強弱がつくまでになりました。次はどんな演出で魅せてくれるのでしょうか。
other 鳥にエサを与えないでください
photo
写真: ワールドバザール
 パークの住人の鴨、いつの間にやらエサをあげるのが禁止になっていました。鴨の繁殖とフンが長年問題になっていたようなので仕方ないかもしれません、まあ周りのゲストはみんなあげていましたけれど。あまり暮らしにくくなると今度は葛西臨海公園に移住するかもしれません。当方の家の近くにも川がありますが、鴨が増え続けています。
【参考】ガーガーガー
other ガストン
photo
写真: トゥモローランド
 ワンス・アポン・ア・マウスでかつてあったヴィランズが出てくるワンシーン。ミッキー達のチームと、ヴィランズ達のチームがダンス対決、ウエストサイド物語。どうやら権利関係でいつの間にか差し替えられて今のシーンに。ガストンがマイケルっぽく踊ってムーンウォークしてました。以来パークでガストンを見ることはなく…。
other 俺様はティガー
photo
写真: ティガー
 キャラクター単体を扱うことはあまりないのですが妙なポーズの写真だったので何となく。『くまのプーさん』に登場するティガーですが、近年のプーバブルと共にパークではよく見るようになりました。メインエントランスとファンタジーランドに出没します。ピョンピョン跳ねる、アクティブさがカッコいい。ビバでストラドルジャンプした時にはズギュンときました。
other ビッグバッドウルフ
photo
写真: トゥーンタウン
 トゥーンタウンのキャラクターコスチュームは(黄色を除いて)原色でないのに妙に彩度が高い、不思議。ビッグバッドウルフはサングラスのせいか、キャラが新しくなっていてカッコいい。
other ようこそ
photo
写真: ワールドバザール
 キャラクターとは別のハピネスは数在れど、やっぱりこのハピネスにはなかなかかなわない。手を差し出すキャラクターに嬉しいけどちょっと引いてる子供、この後のはじける笑顔。
other キャラカラ、コノミセ、マモル
photo
写真: ウエスタンランド
 トレーディングポストの謎の人形。ネズミとアヒルに侵略され続ける商品施設ですが、ここはまだ独立を保っています。トレーディングポストやチキ・トロピックストア、アドベンチャーランドバザールはパークの良心。
other 囲い
photo
写真: トゥモローランド
 新アトラクションの工事などでパークの一部に囲いが設けられる時があります。殺風景で雰囲気を損ねてしまう場合もあったのですが、この覆い!透かすとミッキーシルエットが見えるようになっています。偶然や、マニアックなゲストでないと気付かないでしょうに…。こんな小さなところも改善しようという姿勢が素晴らしい。
other 型物花火
photo
写真: トゥモローランド
 丸を三つ組み合わせたミッキー花火。何かを具象したものを型物花火といいます。他にハートや星型、スマイルマークがパークでは見られます。世の型物花火には更に魚や蝶、イカなんてのもあります。使用されるのは牡丹星という、(光の尾を引かず)コントラストが大きく出て絵柄がわかりやすい種類です。
other 排水溝
photo
写真: トゥモローランド
 パークを訪れたゲストは雨が嫌いです。移動は大変ですし、屋外のエンターテイメントは中止になります(レイニーデイファンが見られることもありますが)。ただ、雨が上がったときにはいち早く原状(晴れ)への回復が図られます。レストランの屋外席やベンチは拭かれ、地面の雨水はかき取られます。パークにはこんな大き目の排水溝があちこちに見られます。
other 霧発生装置
photo
写真: アドベンチャーランド
 この夏、トゥモローランド、アドベンチャーランドで見かけました。TDSにもあるそうです。霧発生装置には二種類あり、水から電気的に極小の霧を作るものと、水を小さい穴から高圧で吹き出すものがあるようです、パークのはおそらく後者。内部での名称はわかりませんが、一般的に"mist maker"、"mist cooler"などと呼ばれています。 このほか、舞台演出用に大量の霧を作り出すものを"fog machine"と言うようです。
other 青空をキャンパスとした
photo
写真: ハブ
 パークは青空を背景とShowである、と。日本は雨が多いのでその分の企画(レイニーデイファンなど)があったりもしますが、やはり行くときには晴れてほしい。これから台風の季節、暫く青空からはお別れかも。
other フレームキャノン
photo
写真: ハブ
 初めてこいつを観た時には心底驚きました。熱いし。ミスティックリズムの水蒸気やストームライダーの雨にも驚いたけど、これを越える効果はそうそうないでしょうねえ。
other ポスト
photo
写真: トゥモローランド
 パーク内のポストから手紙を投函することができます。イラスト入りのスタンプが押されてから郵便局へ行くので、急ぎの手紙(当日の消印が必要など)は出さないほうが吉。スタンプはイベントごとに絵柄が変わります。
other カルトQ
フジテレビ
 フジテレビで放映されていたマニアックなクイズ番組。深夜時代(1992年10月18日放送のはず)に「東京ディズニーランド」の回があったみたい。見たいなあ、と思ってメモ。
show カポエラ
名称: 鉄拳4
メーカー: ナムコ
ASIN: B00008IDLE
amazon
 元々は手を拘束された奴隷の武術として生み出されたブラジル発祥の足技主体の格闘技です。足で自分の周囲を全てを打てるよう、他のスタイルに比べて柔軟性とバランスとバネが要求されます。また、手をついた姿勢・逆立ちの体勢が組み込まれているのが特にユニークです。当時、奴隷は大っぴらに格闘技の訓練をするわけにはいかないため、リズムを付けて、二人一組で相手に蹴りを当てない「ダンス」として練習がされました。そのため、流れるような演武が美しいです。ミニー・オー・ミニーでも公演を重ねると動きはより複雑になるのではないでしょうか。ビデオゲームではお馴染みの格闘技です、左のゲームはカポエラ使いが出てくる鉄拳4。
[ページトップへ]