トップ > > 個人でのディズニーグッズ収集の限界

個人でのディズニーグッズ収集の限界

来週18日に発売になる「週刊マイ・ディズニーランド」。全号揃えるとアナハイムのディズニーランドのジオラマが完成する代物なのですが、全部揃えると約15万円。値段的もですが場所的にも個人所有が非常に厳しいわけです。というかこういった商品が出るのはすごい嬉しいんですが、完成させられる人って日本で何人居て、その内で自分の家に飾ることができる人って何人居るんでしょう。

国内のディズニー関係の書籍はアニメ/DisneyFan/絵本を除けばかなり集まった(といっても棚1つで足りますが)と感じてるんですが、個人で死蔵するのもあんまいいことじゃないよなーと。長編作品はレンタルビデオがあるので手元に置いておかなくても済むんですが、CDや書籍となると一気につらくなるし、グッズは更に一期一会。

デアゴスティーニのジオラマも個人で所有するには場所的にも値段的にも無理だけど、たまに愛でることができるとすごい嬉しい。「好きなときに見られる」なら10号くらい寄贈したい。共同所有とか共同購入的なことってできないんですかねぇ。舞浜や新浦安あたりに一軒家借りてとか。うーん、どうなんだろ。要は専門図書館的なものなのだけど運営と資金の壁が高いですね。ディズニー・アーカイブスは当初個人的に始められたとなにかで読んだ気がするんですが、そう考えるとデイブ・スミス氏には一層の尊敬の念が強くなります。

課題

  • 資金
    • 自由な土地ってだけでいきなりハードル。首都圏じゃなければ多少安いだろうけど…。
    • 借りると月20万くらい?
    • 100人でまかなっても1人月2,000円(年24,000円)。
    • 蔵品増やすのにもお金がかかる。
    • 蔵品増えると更にお金がかかる。
  • 運営
    • 場所が解決したとして誰が面倒見るのか。
    • 事務手続き。蔵品管理。セキュリティ。
    • 貸し出しすると権利処理が必要に。
  • 合意形成
    • 金銭が絡むとどうしても…。試行錯誤があるのは仕方ないとしてそこにコスト(時間的・精神的含め)かかるのもなんだかね。
    • CDと書籍どっちを優先するかとか一致できなそう。

誰でも参加できるような形を先に作るまでは、情熱を持つ人が進めないと立ち行かないんでしょう。

現実の課題ばっかり考ると「できればいいね(終了)」みないな最悪な締めになっちゃうんですが、コアで善良で余裕のあるディズニーファンを100人くらい集めればなんとかなりそうなわけでどうでしょう(何が?!)。まあ最初はレンタルボックスですかね。それなら10人くらいいれば何とかなる??

http://www.privatebox.jp/area/page_box_chiba3.html

ふと調べたら千鳥にトランクルームが!場所的には最高ですが共同所有という意味だとちょっと制限つらいかな。とりあえず見学してみます。


そういえばmixiでパークファンパーティーやろうというコミュニティがあって、そこの登録が7,000人くらい。たしか類似コミュニティがあったはずなんですが、どうしても見つからない。解散したんでしょうか。

団体向けプログラムのページを見てみたら「プライベート・イブニング・パーティー」というプログラムがいつの間にか追加されていて最小人数は4,000人でOK。もう人数でなくて運営能力(集客・集金)の問題になっています。mixiに協力してもらってぴあでチケット売れば売り切ることできそうなので、オーナーは頑張ってほしい。


【関連】デアゴスティーニ - 週刊マイ・ディズニーランド
【関連】東京ディズニーリゾート:団体・企業ゲスト向けプログラムのご案内

関連する記事

toTop bottomMenu