トップ > > WDWレポート2008年2月9日(土):EPCOTセンター

WDWレポート2008年2月9日(土):EPCOTセンター

帰ってから、では絶対に記憶が飛ぶので走り書き的行動記録。

あと、GPSが全然機能しないので。マッピングはされない方向で。 

8:40 ホテル→パーク移動
トランスポートのバスで移動。行き先が表示されている(各パーク、DTDなど)。
9:00 EPCOT
各ゲートは10組程度。パスポート、指紋登録で入園。
9:10 ランド館『ソアリン』 ファストパス取得
とりあえずファストパス。
9:20 ピントレーディング
朝から開店してたゲストとピントレ。死蔵していた配布ピンをじゃんじゃか吐き出す。フィグメントとウォルトのピンとトレードしてもらう。手持ちのピンを全て現地トレーダーにあげちゃうのが今回の目的の一つ。
9:40 ランド館"Sunshine Seasons"朝食
スタンダードな朝食プレート。つけあわせに巨大ピクルス。
10:00 ランド館『リビング・ウィズ・ランド』
食の歴史ライド。初アトラクションはEPCOT的なのを。食の歴史+水耕栽培と養殖技術。思いのほか面白かった。さっき食べたピクルスはあれか!みたいに「へー、はー」ばっかり言いながら体験。
10:10 ランド館『サークル・オブ・ライフ』
シアター。シンバが環境を語る。ガイドには"Shortfilm"とだけ書かれていて期待せず入ったら感動して泣いた。あと、設備が立派で驚き。
10:25 ランド館『ソアリン』
キューが超長い。トゥーンタウン一個分くらいあんじゃないかと。技術も映像も素晴らしかった。まだまだアトラクションで新体験ができるんだと嬉しくなりました。
10:50 『テストトラック』ファストパス取得
フィグメントがリハブだったので逆サイドへ。
11:30 『ミッション:スペース』
不安を感じつつもオレンジで体験。Gやばい。手が重い。ちょっとあっさりだったかな。
12:00 『ユニバース・オブ・エナジー』
プレショーエリアが立派で驚く。メインショーの大規模な仕掛けに超驚く。なんだこのスケール、金かけすぎ。でもちょっとオールドな感じ。
12:30 『テストトラック』
自走ライドはワクワク感がいい。距離はこちらが長いけど、ジャーニーの方が速く感じた。
13:00 『EPCOTキャラクタースポット』
一番待った。BIG7から5キャラが出てきて、それぞれとグリ。みんなサイン帳を持っていてゆったりと戯れられる。プルートさんが面白すぎ。
13:30 カナダ館 キナイとコーダのグリーティング
クマーとグリ。
15:30 ドイツ館 ビアガーデン・レストラン
ブッフェ。ビールとソーセージとザワークラウト。ともかく肉々しい。ドイツバンドライブが公演してて面白い。ステージ前で踊る壮年カップルなど「あー、いいなー」という感想。初チップ進呈、"Please keep the change."が出てこなくて凹む。全然話せねーや。
16:15 中国館 『リフレクション・オブ・チャイナ』
宣伝っぽいかなぁ…。
16:30 メキシコ館 『グランフェスタ・ツアー・フィーチャリング・三人の騎士』
液晶の使い方がいい。鮮やかで細やかでマッチしてた。オールドアトラクションはこの方向でリニューアルかけていくんだと思った。正直、手軽だろうし扱いやすいだろうし。ライドで綺麗なアニメーションが見せされるってのはやっと出来るようになったんだろう。
でも降車直前にライドストップで10分以上放置。フリーダムだなあ(さすがに後ろのゲストは怒ってたけど…)。
17:10 EPCOT→ディズニー・ボードウォーク移動
キャストに聞いたら「サトラガからボート」ってそれDTDじゃん。で別のキャストに聞くと「MGMへバスで行ってからボート」。でも後で見たらワールドショーケースからボートで行けた。フリーダム。
18:30 ディズニー・ボードウォーク
買物と日用品を探すもショップが大してなかった。ボードウォーク・インは便利そうなホテルなのでいつか再戦時には使いたい。
19:45 ディズニー・ボードウォーク→EPCOT
ボートですぐだった。
20:10 『ザ・シー・ウィズ・ニモ・アンド・フレンズ』
内装の作りがとてもしっかりしていてキューをじっくり見たい。メキシコ館同様に映像が多用されているライド。海流の表現などもハッとする。
21:00 『イルミネーションズ リフレクション・オブ・アース』
地球、世界、未来、といったテーマに真正面から取り組むのがすごい、しかもエンターテイメント。あの演出は神が降りている。建設時から織り込み済みだったのか、後からプラスされたのか。観た後には背筋が伸びた。

関連する記事

toTop bottomMenu