トップ > > WDWレポート2008年2月11日(月):ディズニー・ハリウッド・スタジオ

WDWレポート2008年2月11日(月):ディズニー・ハリウッド・スタジオ

走り書き記録。

10:30 バス移動
結構近いっぽい。少しペースを落とす。
11:00 ディズニー・ハリウッド・スタジオ
ソーサラーズハットが見えるとテンションが上がる。でも=ハリウッドという気はしない。ここのアイコンは結構難しいかも。しかしどのパークも食べ物がなくて朝のお腹が厳しい。ホテルで済ますか特定店舗なんだろうけど調査不足だった。
11:30 インディ・ジョーンズ・スタントスペクタキュラー
規模の違いを感じた。これを毎日公演してるのは、他ショーのそれとはまた違う感嘆を感じる。ジョークがわかりやすくていい。
12:10 ピザ・プラネット
映画と同名店舗。雰囲気は保ってる。ピザが美味しくてちょっと驚いた。
13:30 ライト・モーター・アクション
インディを超える巨大会場(ショーベース9個分くらい?)。撮影内容がよりストーリー化されていてディズニーしてるなあ、と思った。こちらも解説があるので英語力で楽しさが段違いなんだろう。バルバル走って飛ぶスタントは感心するしかない。
14:20 リトル・マーメイドの冒険ファストパス取得
とりあえず取得。対応アトラクションが少ないのう。
14:30 グレートムービーライド
ガイド付きライド+ライブ付きの面白い形式のライド。オーディオ・アニマトロニクスに時代を感じるか。私はよかったけど登場作品全部観てないと厳しそう。キャストのガイドが明るくて良かった。
15:00 ディズニー・スターズ・モーターカー・パレード
基本立ち見のようであんまり観られず。
15:20 リトル・マーメイドの冒険
『フィール・ザ・マジック』
15:50 タワー・オブ・テラー ファストパス取得
立ってるキャストの雰囲気がとてもscaring。
16:00 ウォルト・ディズニー ワン・マンズ・ドリーム
ウォルトの足跡を辿るミュージアム的アトラクション。模型やスケッチ、ミッキーを描いていた机などがいっぱい。堪能してまいりました。展示エリアは写真可だったのですごい枚数に。
17:00 美女と野獣
30分で1作品の『フィール・ザ・マジック』という感じ。ただしアクターが巧い。ガストンが拍手喝采でした。
17:30 タワー・オブ・テラー
ハーフライフ2のMODそのまま!(逆です)。落ちる長さと回数で笑うしかない。不気味だったり上の空だったりキャストの演技が素敵。
18:00 ファンタズミック!入場
とりあえず1時間前に席へ。ざっくり座っているので数列目ドセンに座れる。閑散期なのかしら。会場内にコーヒーがなくて買い出し。
19:00 ファンタズミック!
ウォータースクリーンの表現力がいい。ともかくパークショーの要素全部って感じかな。初演時期が近いので『It's Magical!』は『ファンタズミック!』の要素を多分に取り入れていたんだろうと思う。長編の映像をそのまま使ってよくあんなにまとまるものだ。映像を入れ込んでいくのはパークの流れになるのかも。フィナーレが魔法的でニヤリ。
19:30 買いもの
終演後は既にパーククローズ。『ロックンローラーコースター』乗れず。ショップを物色してたら「Holiday Wishes」のCD発見!どこにもなく諦めかけていたので嬉しい。
 

関連する記事

toTop bottomMenu