トップ > > 東京ディズニーリゾート25周年式典スピーチのテキスト起こし

東京ディズニーリゾート25周年式典スピーチのテキスト起こし

ご無沙汰しています、咲間です。こちらは放置気味で申し訳ないのですがギリギリながら舞浜狂ブックマークは更新しています。もしディズニー関連のニュースを追いたい方はこちらへも。


式典の動画を共有している方がいらしたのでテキスト起こししました。脚立でドセンに陣取ったマスコミ各社が1枚載せてお終いという一方で、なんとも素敵な時代ですね。15周年や20周年の頃でも思いもよらなかったことです。多謝。

参考:YouTube - Tokyo Disney Resort 25th Anniversary Opening Ceremony 1/2

アイガーCEOのスピーチは私の貧しいリスニングのため正しいか怪しいところがあります。もし「ここ違うよ」というところがありましたお知らせください。

【追記:2008年4月20日】加賀見会長のスピーチと訳を一部修正しました。

加賀見俊夫会長

皆様、おはようございます。オリエンタルランドの加賀見でございます。

本日は朝早くから、東京ディズニーリゾート25周年を記念するオープニングセレモニーにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

本日、2008年4月15日、東京ディズニーリゾートは25周年を迎えることができました。

これもひとえに、これまで東京ディズニーリゾートにお越し頂いた多くのゲストの皆様、弊社事業を支えていただいた関係者の皆様、そして私どもの良きパートナーでありますウォルト・ディズニー社の皆様方のおかげでございます。あらためて皆様方に心から御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

特にですね、今日こういう形で朝早くからお越しになった皆様方、本当にありがとうございます。

東京ディズニーリゾートの原点であります東京ディズニーランドは「ディズニーの素晴らしい世界を日本の子供達に見せたい」というたった一人の夢から全てが始まったのでございます。

この夢は、一人から二人へ、二人から三人、と続き、やがて多くの人々の夢として描かれ、ついに25年前でございますが、1983年4月15日、この夢がですね、現実のものとなったのでございます。

私自身、当時その夢を描き続けた一人でございます。東京ディズニーランドのグランドオープニングのときの、あの素晴らしい感動・感激は決して忘れることが出来ません。今でも鮮明に覚えております。

そして、25年が経過した今年、東京ディズニーリゾートはまた新たな夢の扉を開こうとしております。

今年は一年間に渡り、リゾート全体で様々な夢のようなプログラムを展開すると共に、7月には新しいホテル、東京ディズニーランドホテルが、そして10月にはシルク・ドゥ・ソレイユ シアター東京がそれぞれオープンいたします。

合言葉は「夢よ、ひらけ。」です。

皆様方とご一緒にこれからもたくさんの夢を描き、そして、それを叶えていきたいと思っております。今後とも東京ディズニーリゾートに絶大なご期待、本当に期待していただきたいと思います。

本日は、皆さん本当にありがとうございました。

ここでもう一人、共に夢を描く、私どもの最高の、しかも素晴らしいパートナーをご紹介させていただます。ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー社長兼チーフ・エクゼクティブ・オフィサーのボブ・アイガーさんです。

ロバート・アイガーCEO

Good Morning! and Thank you very much カガミ サン.

(おはようございます。そして加賀見さんどうもご紹介ありがとうございます。)

Good Morning, and congratulations to everyone here as we celebrate this important milestone in Disney history. It's certainly a momentous day for all of us Tokyo Disneyland and Tokyo Disneyresort, the Orientalland Company, and the Walt Disney Company.

(皆様おはようございます。ディズニーの歴史上この記念すべき日を祝福するためのお集まり頂いた皆様おめでとうございます。東京ディズニーリゾート、株式会社オリエンタルランド、ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニーの全ての人にとって本日は大変意義のある一日です。)

In 1974, following sucesses both Disneyland and Walt Disney World, Walt Disney Productions began commissional discussions with the Orientalland Company about a possibility of building our first international Disney themepark.

(ディズニーランドとウォルト・ディズニー・ワールドでの成功を受け、ウォルト・ディズニー・プロダクションズが株式会社オリエンタルランドと初めての海外におけるディズニーのテーマパークの可能性を協議し始めたのが1974年のことです。)

Almost 10 years later, we dedicated this beautiful place. A day with light rained actually gave way to a rainbow arched over Cindellera Castle, as sign "I beleave" promise great things to come.

(その後10年近い歳月を経てこの美しいパークが幕を開けました。当日は小雨がやがてシンデレラ城にアーチとしてかかる虹となり、その虹こそがその後の素晴らしい発展の兆しだったのだと信じています。)

And they have. Through successful partnership with our friends of Orientalland Company, Disney had taken a first step for sharing our popular themepark attracions, stories, and experiences with people of all ages around the world.

(そして実際に素晴らしいことが起こりました。株式会社オリエンタルランドの友人らとの素晴らしいパートナーシップを通じて、ディズニーの人気のテーマパークのアトラクション、ストーリー、体験を世界中のありとあらゆる年齢の人たちと分かち合う最初の一歩を踏み出したのでした。)

Also, Tokyo Disneyresort reach than so much to extend the Magic and Fantasy of Disney to our guests and funs out, japan whether Disney's gates or home and hearts of Japanese people.

(東京ディズニーリゾートはパーク内に限らず日本中のゲストとファンの皆様のご家庭や心の中にまでディズニーの魔法とファンタジーを届けてきてくれました。)

So, on behalf of everyone at Disney, we are grateful for the friendship and partnership we forged through the years with the Orienntalland Company. And, joy and excitement are participation of on Tokyo Disneyresort's next 25 years go great.

(これまで株式会社オリエンタルランドの皆様と友情とパートナーシップを築けたことに対し、ディズニーを代表して感謝申し上げます。そして東京ディズニーリゾートのこれからの25年がもたらす未来に共に大きな期待を寄せています。)

アリガトウゴザイマシタ

関連する記事

toTop bottomMenu