logo


はじめに | 凡例

powered by Google

過去のニュース :

2004年10月
Older...

東京ディズニーランド :

アトラクション
エンターテイメント
レストラン・食事
ショップ・商品
CD・音楽・CCCD
その他

東京ディズニーシー :

アトラクション
エンターテイメント
レストラン・食事
ショップ・商品
CD・音楽・CCCD
その他

周辺知識 :

キャスト・人物
ホテル
イクスピアリ
その他
書籍 1
書籍 2
書籍 3
ディズニーリゾート物語
CD・音楽
DVD・映画
長編アニメーション
ウェブサイト・リンク
雑記・コラム

リンク・巡回先 :

東京ディズニーリゾート
ディズニー
アンバサダーホテル

東京ディズニーシー
ホテルミラコスタ

イクスピアリ
オリエンタルランド
キャスティングライン
dpost.jp
dstyle
浦安シティーコム
Risuney
TDR三昧
あ、舞浜行こう
Hikgateway.net
Disney.co.jp
Disney.go.gom
2ch/遊園地板

サンルートプラザ東京
シェラトントーキョーベイ
ヒルトン東京ベイ
ホテルオークラ東京ベイ
東京ベイホテル東急
浦安ブライトンホテル
新浦安オリエンタルホテル
京成ホテルミラマーレ
ホテルスプリングス幕張
ホテルニューオータニ幕張
東京ベイ有明
  ワシントンホテル

グランパシフィックメリディアン
ホテル日航東京
第一ホテル両国
東京マリオット錦糸町東武
ホテルイースト21東京
新高輪プリンスホテル
ホテルパシフィック東京
赤坂エクセルホテル東急
京王プラザホテル
ホテルメトロポリタンエドモント
ホテルグランドパレス
八重洲富士屋ホテル
ドリームゲート舞浜
パーム&ファウンテン
テラスホテル


© 2003, 2004 maihamako


ホーム > TDSアトラクション MTH | AWF | PTD | LRD | ARC | MML | MIS | その他
▼ メディテレーニアンハーバー []
attrac フォートレス・エクスプロレーション
photo
パーク: TDS
ポート: メディテレーニアンハーバー
スポンサー: 日本ユニシス
 プロメテウス火山の麓の要塞とそこに停泊するガリオン船、ウォークスルータイプのアトラクション。入り組んだ複雑な造りになっていて、マップがもらえます。要塞から大砲を撃ったり、望遠鏡でポルト・パラディーゾを臨んだり、男の子ワクワクのアトラクションです。航海時代当時の自然科学も愉しめます。ガリオン船の近くの床は、石畳の多い東京ディズニーシー・パークには珍しく柔らかいクッション地の地面になっています。"fortress"は要塞、城塞、砦。"exploration"は 探検、探査、調査、"explore"(:探検する)を名詞にしたもの。
attrac ヴェネツィアンゴンドラ
photo
パーク: TDS
ポート: メディテレーニアンハーバー
 ベネチア名物のゴンドラをモチーフにしたアトラクション。見てる分には(私は)そんなに魅力を感じなかったのですが、実際に乗るとパークの景観の素晴らしさがわかります。低い位置から見ると迫力が違います。歌はいまだにどうかと思いますけれど…。
attrac ディズニーシー・トランジットスチーマーライン
パーク: TDS
ポート: メディテーニアンハーバー
/ アメリカンウォーターフロント
/ ロストリバーデルタ
 東京ディズニーシー・パークの三箇所を結ぶ蒸気船。スリルもストーリーもありませんが海のパークを堪能できるライドアトラクション。東京ディズニーシーにいったなら必ず乗っておくべき。メディテレーニアンハーバーとロストリバーデルタを結ぶ片道のコースと、アメリカンウォーターフロントからパークを時計回りに一周するコースの二つがあります。メディテレーニアンハーバーで開催されるショーの前後、ディズニーシーシンフォニー後は運行されないので注意。
▼ アメリカンウォーターフロント[]
attrac ビッグシティービーグル
photo
パーク: TDS
ポート: アメリカンウォーターフロント
スポンサー: 日産自動車
 のんびりとクラシックカーで景色を愉しむのライドアトラクション、ニューヨークとケープコッドを回っています、三箇所の停留所で乗ることができます、ルート複数あり。車の種類も複数ありますが、このデリバリートラックとポリスカーが好きです、荷貨と囚人。そこには普通だったら一般人を乗せないでしょうよ、というところがいいです。東京ディズニーランド・パークで活躍していたファイヤーエンジンとホースレスキャリッジは20周年時のハブ改装に合わせてこちらTDSに引越してきています。"vehicle"は車、乗物、輸送手段の意。
attrac ファイヤーエンジン
photo
パーク: TDS
ポート: アメリカンウォーターフロント
 東京ディズニーランドから姿を消したファイヤーエンジン、いつの間にかTDSに来ていました。より背景とマッチしているのはTDSかもしれません。そのうち、オムニバスも引越してきたりして…。アトラクション自体の名前はビッグシティービーグル。
attrac ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ
photo
パーク: TDS
ポート: アメリカンウォーターフロント
スポンサー: TOMY
 アメリカンウォーターフロントとポートディスカバリーを結ぶ高架鉄道のアトラクション、第3軌条方式。車内からは堤防の先がすぐ東京湾に続いて見えるようになっていて、借景といわれます。実際には外周道路とディズニーリゾートラインがありますが絶妙に隠れています。更に、ホテルミラコスタから見たときに線路(+橋)が外壁の堤防を隠し、パークと東京湾が直につながっているように見えます。短いアトラクションですが、東京ディズニーシー・パークを語るのに欠かせません。そういえば、ウエスタンリバー鉄道で問題だった鉄道法の問題はどうクリアしたんでしょうか。改正されたのか。
【参考】第3軌条方式
attrac タワー・オブ・テラー
パーク: TDS
ポート: アメリカンウォーターフロント
Tower of Terror

2006年9月4日オープン予定のフリーフォールタイプのライドアトラクション。骨董品収集が趣味だったオーナー、ハイタワー3世が謎の失踪を遂げて以来、廃ホテルとなっていたハイタワーホテル…。ニューヨーク市は歴史的価値からミュージアムとしてホテルをゲストに開放することを決定するが…。

近代のアトラクションでも至高の出来となるアトラクションがついに東京でも。フロリダとカリフォルニアではテレビ番組『トワイライトゾーン』をバックグラウンドストーリーとしていますが、TDSのものはオリジナルのストーリーとなっていて外観もかなり変わっています。

▼ ポートディスカバリー []
attrac ストームライダー
photo
パーク: TDS
ポート: ポートディスカバリー
スポンサー: JCB
 気象コントロールセンターが開発した「ストームディフューザー」を使い、嵐を消滅させるミッションに赴く、バーチャルライドなシアターアトラクション、ファストパス対応。ゲストはキャプテン・デービス(センター的には問題人物)が操縦する「ストームライダー」に乗って、嵐の中へ刺激的なフライトに搭乗します。これまでのアトラクションの良かった所を駆使していて、プレショーも凝ってます。ディフューザーの"defuse"とは(危険なものを)取り除く、鎮めるの意。
attrac アクアトピア
photo
パーク: TDS
ポート: ポートディスカバリー
 ハニーハントと同じシステムらしいアトラクション。ストームライダーの影響か影が薄いものの、乗ってみるとわけもなく愉しい愉しい。決まったコースがない、毎回違う、ということがこれほど愉しいとは思ってませんでした。大勢で複数のビーグル(?)に乗るとホントに愉しいです、グループで是非。
▼ ロストリバーデルタ []
attrac レイジングスピリッツ
パーク: TDS
ポート: ロストリバーデルタ
ディズニーランド・リゾート・パリ
2005年7月21日オープンのコースタータイプのライドアトラクション。東京ディズニーリゾートで初めて360度垂直回転を有する、初めての追加アトラクションで 2003年3月に発表されました。2006年オープン予定のタワー・オブ・テラーはWDWに既存とはいえ情報があるのに対して、こちらはなかなか情報が出てくるのが遅かったです。

火と水(霧)を使った演出があり、エクステリアは特に夜が印象的。ランドの各マウンテンと比べると乗車時間はだいぶ短いですが、霧の中をホッパーカーが駆け抜けるスリリングなアトラクションです。ディズニーランド・パリの"Indiana Jones and the Temple of Peril"(:インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説)に似たものですが、オリジナルのストーリーが設定されています。
attrac インディ・ジョーンズ・アドベンチャー クリスタルスカルの魔宮
photo
パーク: TDS
ポート: ロストリバーデルタ
スポンサー: 松下電器産業
 映画『インディ・ジョーンズ』シリーズを下敷きにした大人気ライドアトラクション、ファストパス対応。これまでのライドのように前進が単調でなく、急停止・停止・急発進などジープらしい動きをするのが非常に特徴的、新しい時代のアトラクションといえるでしょう。 ショーも概観もプレショーエリアもともかく造型が豪華、飽きません。カリフォルニアではコースが複数ありますが、スペースのためか東京は単一になっています。また、様々な古代文明の要素が合わさったよくばりな装飾になっています。
▼ アラビアンコースト []
attrac マジックランプ・シアター
photo
パーク:

TDS

ポート: アラビアンコースト
スポンサー: 富士写真フィルム
 立体映像とマジックの舞台を融合したシアタータイプのアトラクション、ファストパス対応。シャバーンはランプの魔人ジーニーの力を借りて大成功したマジシャン。彼はジーニーの人気を妬み、ジーニーを狭い箱に閉じ込めてワンマンショーを開催します。シャバーンの弟子で、ジーニーの友達アシームはジーニーを助け出そうと奮闘するのですが…。コントのような笑いを交えながらステージマジックを中心に前半は進行、そしてジーニーが加わると映像が主役に。間などは日本っぽくアレンジですが、ノリは『アラジン』。前半はこれからも更に進化しそう。
【関連】アラジン
attrac シンドバッド・セブンボヤッジ
photo
パーク: TDS
ポート: アラビアンコースト
スポンサー: 日本通運
 アラビアンナイトのシンドバッドの冒険をゆったりと追うウォーターライドアトラクション。『マジックランプシアター』とともにアラビアンコーストのテーマを支えます。形式、雰囲気ともにTDLのイッツ・ア・スモールワールドに近いです。大人向けライドのネタが満載なテーマをなごみ系にしたのは少しもったいなかったかも、まあ、結果オーライで。オーディオ・アニマトロニクスはイッツ・ア・スモール・ワールドよりも絵的にも技術的にも少しリアルになっています。
attrac キャラバンカルーセル
photo
パーク: TDS
ポート: アラビアンコースト
スポンサー: 森永製菓株式会社
 アラビア版のカルーセル、回転木馬。メリーゴーラウンドとの違いは回るだけでなく、上下にも動くこと。一般的なカルーセルやメリーゴーラウンドが馬なのに対して、こちらは馬に加えて、ラクダ、グリフォン、麒麟、そしてランプの魔人ジーニーに乗ることができます。二階建てになっていて、一階、二階どちらにもライドがあります。"carousel"、調べてもカルーセルの原語が蘭語・仏語・独語と主張がいろいろでよくわからず、もっと昔のラテン語に由来するんでしょうか。
▼ マーメイドラグーン []
attrac マーメイドラグーン・シアター
photo
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
 『リトル・マーメイド』でアリエルがエリックと出会う前のエピソードとして観ることができるでしょうか。ショータイプのアトラクション、ファストパス対応。スタンバイの待ち時間で開始時間がわかるので、大混雑していない限りは並ぶ必要はありません。ワイヤーを使うことで空中をステージにし、海の底の世界を歌い上げます。東京ディズニーシー・パークではライブアトラクション(人が絡んだアトラクション)が多いですが、その最たるもの。衣装にミュージカル『ライオンキング』の影響も少し見受けられます。
attrac ブローフィッシュ・バルーンレース
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
 "blowfish"はフグのこと。フグにつられた貝がらのカゴに乗って(気球のイメージ?)グールグルと回るライドアトラクション、まあ、かなり子供向けかなあ…。"Under the Sea"の歌詞の見せ所、魚の名前+担当楽器の早口部分では"Blowfish"は光栄にも締めの部分で出てきます。担当は"blow"(吹奏楽器を吹く)です。
attrac フランダーのフライングフィッシュコースター
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
 『リトル・マーメイド』でアリエルの友達として登場する熱帯魚フランダー、彼が友達のトビウオと作った(?)子供でも乗れる小さなコースタータイプのライドアトラクション。大人向けではないですが気楽に乗れます。雨がひどいとクローズ。"flying fish"とはその名の通り飛び魚のことです。"flounder"とは平らな魚(左ヒラメ、右カレイ)のこと、動詞ではもがく、へまするという意味なので意味から名付けたっぽい。
attrac スカットルのスクーター
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
 映画『リトル・マーメイド』でアリエルに地上のいろいろな(間違った)知識を教えてくれるカモメ、スカットル。彼の周りをクルクルとヤドカリに乗って回る小さなライドアトラクション。短いけれどアップダウンがあってなかなか楽しい。雨がひどいとクローズします。"Scuttle"は船の小窓、"Scooter"はいわゆる原チャ、もしくはキックボードのこと。
attrac ワールプール
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
 貝殻に乗ってぐるぐる8の字に移動するライドアトラクション。簡易版のコーヒーカップといったところ。回転はより緩やかですが、照明の差かTDLの『アリスのティーパーティー』より三半規管にくるかも。。"whirlpool"とは渦巻きのこと。"whirl"だけだと回転、騒動。"pool"はプール、池、水たまり。このあたりは(キャラの付いていないマーメイドラグーンのアトラクション)はいつかリニモでニューアルしそう。
【参考】 ファインディング・ニモ
attrac ジャンピングジェリーフィッシュ
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
 上下にゆったりいったり来たりするライドアトラクション。"jellyfish"とはクラゲのこと。DCAには同名のアトラクションがありますが動きを模して命名されていてクラゲなわけではありません。TDSのものはアトラクションの仕組みを引き継いで、外観もその名のままクラゲとなっています。小規模ですがマーメイドラグーンが見渡せます。
attrac アリエルのプレイグラウンド
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
 9つの種類の遊び方や仕掛けのあるキッズプレイエリア。トゥーンタウンのトゥーンパークとトムソーヤ島のうまくブラッシュアップした感じです(床フカフカです)。遅い時間以外はお子様でいっぱいなので行くなら遅めの時間に。『リトル・マーメイド』を観ているとそこそこ楽しめますよ。水が放物線を描く水遊びエリア「マーメイドシースプレー」がお勧め。
greeting アリエルのグリーティンググロット
パーク: TDS
ポート: マーメイドラグーン
2005年4月17日にオープンした、アリエルに会える「グリーティング施設」(アトラクションではないらしい)。大きな貝がらに座ったアリエルと会って写真を撮ることができます。"grotto"は洞窟という意味。
▼ ミステリアスアイランド []
attrac 海底二万マイル
photo
パーク: TDS
ポート: ミステリアスアイランド
スポンサー: コカ・コーラ
 ジュール・ベルヌの同名小説を元にして、東京ディズニーシー・パークを代表する海のライドアトラクション。ネモ船長が開発した小型潜水艇に乗り深海を探索します。地球上の70%を占めながらもまだ多くの謎が残された海、その底で見たものは…。大規模アトラクションにしては…、ということでスリルを求めてしまうと評判うるわしくないですが、ゆったりとしたものだと知って乗るといろいろ楽しめます。ラストでライドが水で濡れている演出があれば…。
attrac センター・オブ・ジ・アース
photo
パーク: TDS
ポート: ミステリアスアイランド
スポンサー: 第一生命保険相互会社
 東京ディズニーシー・パークを代表する、プロメテウス火山のなかにある地底探検のライドアトラクション、ファストパス対応。ゲストはまずテラベーターで地下800mまで潜行、地底走行車に乗り込んで地底世界の驚異を目の当たりにします。しかし、突然の火山活動によりビーグルは猛スピードで火山の外へ。スリルライドな時間は短いですが、「上り坂が速い」というまったく新しいスリルを体験できます、是非一度。
▼ その他 []
[ページトップへ]